株式会社サンテテクニカ

”ハイレジ食” グリーンバナナ

糖質オフが流行っている昨今ですが、ただやみくもに糖質をカットするのではなく、レジスタントスターチと食物繊維を多く含む“ハイレジ食”という新基準が注目されているのはご存知ですか?

低糖質でハイレジな食材の一つが「グリーンバナナ」です。熟す前の青いバナナが腸活の強い味方になり得るって本当でしょうか?

グリーンバナナとは、黄色く熟す前の青いバナナのこと。食物繊維をはじめミネラル、そしてレジスタントスターチが豊富に含まれる青バナナは、体重増加が抑えられる天然食材として注目を集めています。

レジスタントスターチとは、消化されない(レジスタント)+デンプン(スターチ)という意味で、糖質でありながらも人の小腸では消化されず、大腸まで届くデンプンで、”第3の食物繊維”として話題です。

体内で消化吸収されにくく、水溶性と不溶性の食物繊維両方の働きを併せ持つと言われており、また腸内細菌のエサとなり、食物繊維と同様に腸内で善玉菌を増やす働きがありますd( ̄  ̄)このおかげで血糖値を抑えたり、便通の改善のほか、善玉菌を育てて腸内フローラを健やかに保つお手伝いをしてくれるそうです。